きょう・きのう・おととい・・・ (園のせいかつ)

保育の記録、子どもの姿。

2020/11/20

ドキュメンテーションという、『写真付き保育記録』を指すものがあります。
もともと『日々の保育をもっと伝えたい』と思っていたところに、このコロナ禍で、ドキュメンテーションが最近、本園でも勢いづいています。

今年度は参観日等が中止になり、その代わりにという理由も確かにあります。
でも、ここまで勢いが出たのは、先生の「子どもってすごい。子どもっておもしろい」「それを伝えたい」という、純粋でまっすぐな気持ちがドキュメンテーションという出口を見つけただけのことなんだと思います。

ここに載せているのは、日常の保育の様子をまとめたドキュメンテーション。
「こんなの作ってみたんです」と、少し照れながら、でも誇らしそうに持ってきた先生達でした。

秋盛り

2020/11/19

畑のそばの山がすっかり秋満開です。
それならば、とみんな入れ代わり立ち代わり紅葉狩りに出かけていました。

落ち葉の吹雪で遊んだり、落ち葉のじゅうたんの下からは「どんぐり見つけた!」。1枚のはっぱをじっくり見て、1枚の葉の中に赤も黄色も混ざっているのに気づいたり。
乳児さんは紅葉遊びをたっぷり楽しんだ後、ペットボトルバッグに落ち葉をいっぱい集め、お部屋に帰って大きな紙にぺたぺた。お部屋の前に飾りました。

秋の夕暮れに・・・

2020/11/13

秋の夕暮れに、1・2歳児さんがお部屋の中で、外で、楽しそうに遊んでいました。
階段にマットをしいてすべり台。お部屋の中では小麦粉粘土。
マットのすべり台では、自分が滑ってみたり、おもちゃを転がしてみたり。
小麦粉粘土は、みんな「さわって!これ!」と言いながら持ってきてくれました。

昨日のことですが、本園の先生が未来の保育者に向けてみどりがおかの保育を紹介してくれました。
コロナ禍の影響でオンライン授業が主流になったおかげで私も横で聞くことができましたが、やっぱり学生さんには先生の生の声を聞いてもらいたかった気もします。
子どもの声や様子をじっくり観察してくれているからこその実践発表。
学生さんからは素朴な疑問から実習でのつまづきなど色々と質問や感想が出て、こっちも色々と勉強になる機会でした。

乳児さんのあきまつり

2020/10/28

乳児さんは階段下にちょっとしたスペースを作り、お迎えの時に秋祭りを味わってもらいました。
主に作るのは親の方ですが、スタンプの柄やおかし、毛糸の色は自分で選んでいる子もたくさん。
2日間のどちらかの日でやってもらうのですが、昨日やった子も「今日もやる!」と言い張る子も。
親としては嬉しいようで大変で。園としては大変なようでやっぱり嬉しい、そんな光景もみられました。

ご夫婦で来てくれたご家庭もありました。家族の楽しい思い出になれたかな。

あきまつり、1年目の2日目。

2020/10/27

秋祭りは2日目もとってもいい天気。今日もたくさんの保護者の方にお手伝い頂きました。
「次はこうしたらいいんじゃないですか?」
「こんなのもあったらどうですか?」と
アイディアや意見も頂き、大人も子どもも新しい行事を楽しんでもらえているようで発案者としてはほっと一安心でした。
3つのお店を回るのですが、全部を2回ずつ回っている子も。聞くと「ぜんぶ、2回やりたかったんよ」とのこと。
なんとも嬉しい発言でしたが、1つずつ返してもらいました。ごめんね。

好きなおかしを選んで袋に詰めてもらうブースの前でたたずむ年少さん。
「どれにする?」「これは?」とお店の人に優しくおススメされても、じっくり自分の好きなものを選び抜いていました。

あきまつり、1年目の1日目。

2020/10/26

認定こども園としての新しい行事を作りたい、お家の人と一緒に作り上げる行事にしたい、と秋祭りを今年度から始める予定でしたが、コロナの影響で大々的な行事にはできませんでした。
そこで今年は“プレ”秋祭りということで、園で準備したワークショップのお店を子どもたちに回ってもらうことに。子どもたちを見守ってくれるのは保護者のお手伝いの方々。
みなさん、声をかけたり手伝ったり見守ったりは慣れたもの。せかせかせずゆったりした雰囲気になったのは保護者の方のおかげでした。

秋祭りのために色々と(本当に色々と)準備をしてくれたのは、園を支えるティームの先生方。
ワークショップの材料もかわいい看板も色々趣向を凝らして作ってくれました。
園庭の隅にできあがったちょっとした非日常。秋晴れの天気と相まっていい時間でした。

としょまるが来た!

2020/10/22

本来ならば年中さんは例年、黒瀬図書館に施設見学に行っていますが、今年度は感染症対策で園外保育を控えがち。
『行けないなら、来てもらおう』と移動図書館“としょまる”に来てもらいました。
ワクワクする虹色ボディの大きな車に、みんな大興奮。でも、司書の方のお話しは写真を使って分かりやすく工夫してくれたおかげもあり、みんなしっかり聞けていました。
あいにくの雨でしたが、駐車場の倉庫に横付けしてもらってとしょまるの中も見学できました。
「借りた本がやぶれちゃったら、素直に言いに来てね。ちゃんと専用テープでなおせるからね」。
“やぶっちゃダメよ”だけで終わらなかった司書さんの言葉に、子どもも大人も救われたはず。

にぎやかでいつもの1日

2020/10/22

園の毎日は、にぎやかだけどそれが日常。
上園庭ではカメの水替えに1・2歳児さんが興味津々。
駐車場には武田中学校のスクールバスが年長さんをお迎えに来てくれて、ふれあい体験へ出発。

畑では年少さんが芋ほり。
令和の時代に「男の子だから」「女の子だから」で色眼鏡をかける気はさらさらないが、 女の子はだいたい芋に夢中。男の子はだいたい虫に夢中。
不思議なものだね。

ねんちょう うんどう会!

2020/10/16

雨天延期になって1週間。晴れて年長さんのうんどう会が開催できました。
子どもたちは集中力を切らさずによくぞここまで!
それだけで素晴らしいのに、競技への集中力・友だちへの応援・待ち時間・並ぶスピード、どれも“さすが年長さん”と言わざるを得ない内容でした。
とくにクラス対抗リレーは抜きつ抜かれつのデッドヒート。アンカーがゴールテープを切った時には、客席から感嘆のため息が漏れていました。
園児テントに帰ってきた子どもたちは、どちらのクラスもみんなとっても“いい顔”してました。

ねんちょう・・・は、持ち越し。

2020/10/08

今日は予定では年長さんのうんどう会・・・でしたが、残念ながら雨で延期。
うんどう会3日目にして、台風の影響もありむずかしい天気でした。
担任の先生たちは「子どもたちの気持ちが持つかな・・・」と心配そうですが、そこは年長さん。園生活最後のうんどう会。1週間伸びても、きっと楽しみにしていてくれるよね。

通常保育となりましたが、給食発注の都合上で今日はお弁当。
うんどう会は延期になっても、みんなわくわくでお昼の時間を迎えていました。
topへ