きょう・きのう・おととい・・・ (園のせいかつ)

一歩ずつ

2021/03/05

ホールで前半・後半グループに分かれてお別れ会をしました。
会場の飾り作り・飾りつけ・後片付けは全て年中さんが。輪飾りのギザギザ具合が愛おしい。
年少さんからは年長さんに手作りのプレゼントがありました。もらった年長さんが「かわいいね」とニコニコした後、先生に「これ、もってかえっていいの?」と聞きたら「もちろんよ!」と言われ、「わぁ~~!!!」とはじける笑顔に。
年中さんから年長さんへの質問では「なわとびは、どうやったらとべますか?」と聞かれ、「ビュッって、音がなったらとぶ」。子どもならではの視点の具体的なアドバイスだなぁと関心。
インタビュアーも年中さん。マイクを持って年長さんの列へ行くときの緊張した表情と、戻ってくるときの笑顔を見て、役割の重大さを十分にわかって望んでくれていることがよくわかます。
年長さんからもお返しがありました。T組さんはクイズ大会。S組さんは年長さんの楽しい活動を紹介してくれたり、盛りだくさん。最後に、先生たちからの年長さんへビデオメッセージと歌のプレゼント。歌いながら涙ぐむ自分の担任の先生を見て、涙をぬぐう子の姿も。
一歩ずつ、時間も心も卒園に近づいてるね。

生活を作る、遊びを作る

2021/03/04

朝、理事長先生と年少さんたちが事務所前を掃除してくれていました。
“掃除”は子どもたちになかなか人気で、「ほうきつかっていい?」「おてつだいしてあげよっか」と、手伝ってくれます。
園で日常を過ごすということが、自分で生活を作るということになっているのが嬉しいですね。
子どもたちは遊びだって自分で作ります。
年長T組さんの二人が事務所に「アルミホイルとカラーセロハンください」と、科学の工作絵本を持ってやってきました。
「何作るの?」「これ、プラネタリウムボックス」「へー、いいじゃん。アルミホイルあるよ」と言っていたら、支援センターのN先生が「カラーセロハンは支援センターにあるよ」と言ってくれて、それじゃあと一緒に取りに行きました。
初めて入る支援センターに、二人はキョロキョロして緊張気味でしたが、「できたら持ってきて見せてね」とN先生が声を掛けると「うん!」と元気よく返事をしていました。

飛んだハプニング

2021/03/02

昨日のことですが、逆上がりの練習をしていたある年長さんのクツがポーンと飛んで行きました。
鉄棒の後ろのフェンスを越えて、フェンスの向こうの坂の下まで。
(坂の下から撮った写真が↓です)
クツが飛んで行ってしまった子も、一緒に遊んでいた子も、クツが落ちたので拾ってくださいと言われた先生も、もうみんなで大笑い。だってこんなに下まで!
彼女の、逆上がりにかける情熱とか、意気込みとか、本気さとか、全てが伝わる出来事でした。

もう3月

2021/03/01

今日から3月ですね。どの子を見ても、「この子は来月には年少さん、この子は小学生、この子は・・・」と、次年度に思いをはせてしまいます。
本人たちはそんなこと関係なしに、今、目の前の遊びに夢中。勝手にしみじみしている私に、「はい、おさとうどうぞー」「おフロのあとにプリンたべようねー!」「みてみて、これオニギリよ!」と、ちょうどいいおままごと相手として盛り上がっていました。

卒園が迫る年長さんは、ホールで卒園式の練習をしていました。写真は入場を待つ子どもたち。背中からはまだ緊張は感じられませんが、だんだん変わってくるのかな。

新鮮で自由

2021/02/26

1・2歳児さんのI組では、メモリーカードがブーム。子どもたちの「やろう!」を合図に、時には2時間(!)くらいやることもあるそう。(メンバーは出たり入ったりですが)
「Sちゃんのつぎ、Rちゃん?」とか「Mちゃんのつぎ(自分)よね?」と、自分の出番を心待ちにしながら“順番”を意識したやりとりをしています。
“数学的思考力の芽生え”なんて用語は堅苦しいですが、『遊びは学び』を実感する場面でした。

さて、先日「なんじゃこりゃ!」という思いで紹介した年長T組さんの洞窟。 どうやって遊んでいるだろうとわくわくしながら日中に行ってみると・・・
洞窟の隣にドン!と大きな段ボールハウスが。びっくりする私に担任の先生が「今はコレなんです」と苦笑しながら教えてくれました。
ええ~~!と思いつつも、子どもたちの遊びの心は常に新鮮で、自由で、常に大人の期待を素敵に裏切ってくれることを再確認しました。
でも、先生曰く子どもたちはちゃんとこの洞窟でも思いっきり遊んでいたようです。私が気付くのが遅かったのかぁ、う~ん残念!

冬と春

2021/02/25

昨日の15時ごろ、所要で出かける私たちの前を年長の延長保育さんたちが横切っていきました。 あれ、どこにいくんだろうと思ってましたが、どうやら園の前の畑へ春探しにいってきたようです。
私が園へ帰ってくると、冬の落ち葉と春の草花で作ったかわいいアレンジメントが出来上がっていました。
オオバコ、ホトケノザ、あとは落ちた梅の花も一緒に、お絵描きした落ち葉に貼り付けています。
「暖かくなってきたね」「でもまだ寒いね」なんて言葉では表せない冬と春が、子どもたちの手のひらに。

ん??

2021/02/22

ん?? んんん???? んんんんんん????      年長T組さんのお部屋の隅より

黒瀬のバナナ!

2021/02/20

今日は年長さんのお別れ遠足。勝梅園さんという黒瀬でバナナを作っておられる所に行きました。
大きなビニールハウスに入ると、「あったかい!」「わ!バナナの木おっきい!」「みて、みどりのバナナあるよ!!」と子どもたちは大興奮。 子どもたちや先生たちのバナナの疑問に、職員の方が丁寧に詳しく答えて下さり、とても貴重な経験でした。
とっても広くて天井も高いビニールハウス、職員の方曰く「この高い天井を突き破るくらい、バナナの木は大きくなる」

なんと、バナナアイスの試食もさせて頂き、子どもたちはさらに大興奮。「バナナのにおいする」「あじもするよ!」「もっと食べたくなっちゃった」
イベント等でこの黄色いキッチンカーを見かけたら、ぜひ足を止めて見てください。今日子どもたちに大人気だったバナッシーにも会えるかも。
職員の方総出で子どもたちを迎えて下さいました。どうもありがとうございました。最後にお土産までいただき、思いで深い遠足となりました。
その後は龍王山公園に行き、お弁当を食べて、遊んで、そして歩いて園まで帰りました。
お弁当も子どもたちの大きな楽しみの1つ。風は強かったですが、みんな自分のお弁当をまわりに紹介し合いながら食べていました。

近づいて見る

2021/02/19

1・2歳児さんに新しいパズルがお目見え。子どもたちにも早速大人気です。
遊び(道具)の鮮度が高いうちは、複数用意してあれば充実して遊べるのですが、予算の都合もあり今回は柄の違うパズルが3種類。
案の定、「あれがやりたい~!」となってしまいましたが、先生が“順番を紙に書く”ということで子どもたちは納得して譲り合えていました。ちょっとびっくり。2歳児さんなのにすごいね。
そんな喧噪を尻目に、元からあるパズルを別テーブルでもくもくとするT君。
あんまり集中しているので近くに座って見ていると、1つずつピースをあてがってはくるくると回しているのがわかります。
どうやら、“絵を見てはめる”のではなく“かたちを探して”はめているようです。
1つあてがっては、くるくる全方向に回し、当てはまらないとわかると次のピースをまたくるくる・・・。
最後の最後がどうにもうまくいかず、無言で私に差し出してきたので、最後は一緒にはめて完成!でした。

ドッジボール大会

2021/02/18

数日前の写真ですが、年長さんで『干支』が流行っているようです。
「せんせいはなにどし?」と干支の表を持って聞いて回っているようでした。
「●●先生は、〇〇先生といっしょじゃ」「ヘビどしがおらん~」「T先生はヘビだって!!ここに書いて!」と、わいわい言いながら盛り上がっていました。

さて、今日は年長さんのドッジボール大会でした。保護者参観はなく子どもたちだけで行いましたが、近年まれにみる拮抗した試合展開で、「同点なので1分追加で延長!」ということもありました。
試合を見守る別チームさんも、おもわずラインから身を乗り出していました。
topへ