きょう・きのう・おととい・・・ (園のせいかつ)

作業大好き

2020/09/23

作業大好き

うんどう会前に・・・ということで、園庭の木の剪定をお願いしました。
天気はちょっと雨模様?下り坂?でも大忙しの造園さんは「雨でもやります!」と来てくれました。
園舎からよく見える場所の剪定になると、各部屋から子どもたちが出てきて、「がんばれー!」「高いとこにいる!」「落ちないの?怖くないの?」とにぎやかに。
静かにじっと見守り、バサ!と枝が落ちてきたときだけ「おぉ・・・!」と感嘆の声を上げる子もいます。
鑑賞の仕方は様々でも、子どもたちはこんな“作業”が大好き。
なかなか見れないもんね、面白いね。(9月11日)

支援センターうんどう会

2020/09/23

支援センターうんどう会

今年は支援センターのうんどう会も2回に分けて行いました。
踊ったり、魚釣りをしたり、親子でふれあいゲームをしたり、距離をとりながらも楽しく過ごしました。
今までは2歳児さん限定で行っていたスイミー運動会ですが、今年度から年齢制限はなくし、未就園児さんならだれでも参加OKとなりました。
ねっころがってじっと見守る0歳さん、一人で踊りだす1歳児さん、注目されて恥ずかしくなっちゃう2歳児さん・・・
それぞれの特徴が見られて、観客の私も楽しかったです。(9月2日)

大根の種まき

2020/09/03

大根の種まき

2日、年中さんが大根の種を植えに畑へ。
なかなか雨が降らないので少し心配ですが、小さな小さな種を植えてきました。
小さな種からあの大根ができる、というのがイメージは湧きにくいかな?
神妙な顔で植えている子が多かったです。

2学期

2020/09/02

2学期

9月1日は、幼児クラスは始まる式(始業式)がありました。今年は感染症対策で、全員がホールに集まっての式はなく、各クラスで行いまいした。
1号さんは午前保育なので、昼前にはたいそう服を着た子どもたちがにぎやかにバス並びをしたり外遊びをしたり。
バスも出発しお迎えのピークも終わった園庭は静かで、なんだかさみしい・・・と思いきや、お部屋の中ではわいわい給食&お弁当の時間。
「きょう、やきそば!」「みて、ニンジンもたべた。たべれた」「せんせいのおべんとう、スパゲッティーなんよ!」と、自分の給食自慢だけでなく、一緒に食べている先生のお弁当まで紹介してくれました。

登園日、おたんじょう会

2020/08/31

登園日、おたんじょう会

先週金曜日から1号さんは登園日。久しぶりに会う子、毎日会っている子、色々あるけどともかく園はにぎやかに。
登園日2日目の今日はおたんじょう会でした。
年少さんはパネルシアター、年中さんはプロジェクターでの出し物でした。(年長さんはブラックシアターでしたが、これは暗くて写真が取れませんでした)
銀の王冠をかぶっているおたんじょう児さんと目があうと、はにかむ子や満面の笑みをうかべる子、色々あるけどともかく明日から2学期です。

夏(野菜)の終わり

2020/08/25

夏(野菜)の終わり

畑で頑張ってくれた夏野菜(ナス、おくら)の実りがなくなってきたので、年長さん分の苗も店じまい。
さすが年長さん。力いっぱいひっぱって抜いてくれました。
今年は落花生(ピーナッツ)も植えてみました。「マメが、このなか(土の中)に??」という不思議を確かめるように、一生懸命掘っている子も。
根っこにくっついて、土の中からあの落花生が出てきたときは、嬉しいやらびっくりするやら。

わらべうた遊び

2020/08/21

わらべうた遊び

乳児さんは、わらべうたを歌いながらの触れ合い遊びをよくしています。この日は大きな布を使っていました。
布の中には子どもたちだけでなく、先生も。それを嬉しそうにのぞき込んだり布をめくったりしてるのは子どもの方でした。
それがなんだか、素敵だなと思いました。

年長さんのごっこ遊び

2020/08/19

年長さんのごっこ遊び

お盆休みも終わった月曜日のことですが、ホールで年長さんたちが“屋台ごっこ”の準備をしていました。
くじびきも、空気砲射的も、ボーリングも、魚釣りも、的あても、夏季保育に入って子どもたちが一から準備していたものでした。「空気砲が当たらない」「当たっても的が倒れない」「ブルーシートどこに置けばいい?」「なんで“トラ”が入ってるの?“ライオン”って言ったじゃん~」・・・。
開店はいつになるのか、楽しみです。

畑へ

2020/08/06

畑へ

年少さんが園のすぐそばの畑へ。
キュウリの苗がもう元気がなく、最後の1本を収穫して後始末をすることにしました。ツルをみんなでひっぱって支えから引きはがし、”今までたくさんキュウリをありがとう”。
ついでに畑を散策。先生にオオバコ相撲を教えてもらった年少さん。先生は草花の“かんざし”の作り方も教えたそうですが、「子どもたち、“かんざし”を知らなかったです」とのこと。

“いっしょ”に見たい

2020/08/04

“いっしょ”に見たい

園庭で、先生を呼ぶ1歳児さん。もう他の子はお部屋に入っていて、先生も最後のお片付けの途中。
でも先生は手を止めて、子どもの誘う方へ行って目線を合わせて・・・その先に見えたのがアマガエル!
見つけた子は、“いっしょに見たい・発見を伝えたい”という気持ちが溢れて、しきりに呼んでいたようでした。
その後、先生がカエルとの時間をつくってくれたおかげで、見つけた子たちはカエルに戦いを挑んだり、息を吹きかけたり、大声で呼びかけたりして、満足いくまで遊べたようでした。
自分の発見や喜びを共有できて、一緒に面白がってくれるからこそ、“いっしょ”に見たい!って思えるんだよね。
topへ